HOME >> インフォメーション >> 長寿医療制度保険料の口座振替手続きについて


 長寿医療制度の保険料は、年金からの天引きが原則とされていましたが、
一定の要件(下記参照)により、本人およびその方の世帯主、
または配偶者の口座から保険料の振替ができるようになりました。

■口座振替に変更できるケース
@国民健康保険料を確実に納付していた方(本人)が口座振替により納付する場合。
A年金収入が180万円未満の方で、その方の世帯主か、配偶者の口座から口座振替により納付する場合。

 お手続きにより、税負担が軽減する場合がありますが、
手続きに伴い世帯主を変更した場合には、保険料があがることもあります。
変更を希望される方は、JA支店窓口または渉外担当職員にご相談ください。



最寄りのJA越後ながおか各支店窓口へ