HOME >> インフォメーション >> 自動車リサイクル法







自動車リサイクル法」が平成17年1月1日からスタートとなり、クルマをお持ちのすべての皆様に、「リサイクル料金」をお支払いいただくことになりした。

自動車リサイクル法が必要な理由
現在、国内で年間約400万台排出される使用済自動車は、解体業者や破砕業者において、約80%がリサイクルされていますが、残り約20%の最終残さであるシュレッダーダストは、主に埋立て処分されています。

・最終処分場の逼迫
・シュレッダーダストの処理費用の高騰

不法投棄・不適正処理の懸念増大

オゾン層の破壊等新たな環境課題への対応

これまでのリサイクルシステムが、
機能不全に陥ってしまう

「使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)」で環境問題に対応できるリサイクル型社会へ


Q.自動車リサイクル法ってなに?
A.ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会をつくるために、クルマのリサイクルについてメーカー・関連事業者・クルマの所有者の役割を定めた法律です。

Q.リサイクル料金ってなに?
A.自動車を解体・破砕した後に残るごみであるシュレッダーダスト、エアバック類のリサイクルとカーエアコンのフロン類を破壊するために必要な料金です。
料金はシュレッダーダストの量、エアバック類の個数・取り外しやすさ、フロン類の充填量などを踏まえ、自動車1台ごとに自動車メーカー・輸入業者が設定します。

Q.リサイクル料金はいつ支払えばいいの?
A.リサイクル料金のお支払いは、原則新車購入時に。今お乗りのクルマは、制度スタート後最初の車検時までに。車検前に廃車となる場合は廃車時にお支払いが必要です。



★お願い★
リサイクル料金は、新車購入時・継続車検時・廃車時にお伝えしますので、ご理解とご協力をお願いします。

車検の際は、車検諸費用と一緒にリサイクル料金をご用意願います。


廃車は自治体に登録した取引業者に引き渡すことが必要です。

JA越後ながおかは、自動車リサイクル法引取登録業者です